出会い系では電話をするべき?タイミングや話す内容とは【電話の効果】

出会い系では電話をするべき?タイミングや話す内容とは【電話の効果】

「出会い系で知り合った子には電話をかけたほうがいいの?」

このように悩んでいませんか?

出会い系でライン交換まではできたものの、会う前に電話で話した方がいいかは迷うところですよね。

たしかに電話で直接話せば、メッセージよりもグッと親密になれそうです。

しかし会ったことのない子と電話をするのは、少し躊躇ってしまう気持ちもあるでしょう。

そこでこの記事では、出会い系において電話はするべきか、電話をする場合のコツやタイミング、話す内容からNGな方法まですべてを紹介します。

電話するか迷っている方、どうやって話せばいいか迷っている方は、出会い系で効果的な電話について理解できるでしょう。

わいじ

出会い系の電話戦略について徹底解説!

目次

出会い系では電話をするべき?

結論から言うと、電話できるならした方がいいが必須ではないといったところです。

電話をすると効果的なので、余裕があればした方が出会える確率は上がります。

しかし電話をしなくても、ラインを交換したらなるべく早く会う約束をして直接会うことを目指すべきです。

基本的には1~2週間以内に会うことを目指したいので、これぐらいの期間内に会えるのであれば、電話は必須ではありません。

電話しておけば会える確率は上がるので、チャンスがあればしておいた方がいい、といった感じです。

ただし会うまでに期間が空く場合は電話をした方がいいです。

時間がたつほど相手は冷めてくるので、ドタキャン率は上がっていきます。

相手の心をつなぎ留めておくために、電話しておいた方が安心です。

わいじ

会うまでに2週間以上かかるようであれば、電話しておいた方が確実!

まだライン交換までいってない方は、こちらの記事を参考にしてみてください。↓

出会い系で電話をするメリットとは

出会い系で電話をかけるのは、以下のようなメリットがあるからです。

  • 安心感を与えられる
  • 心理的な距離が縮まる
  • ほかの男と差を付けられる

このような効果があるため、電話をかけるとドタキャン率は下がります。チャンスがあれば、なるべく電話しておいた方が確実です。 

安心感を与えられる

電話をすることで、相手に安心感を与えられるのが大きなポイントです。

出会い系は怪しいイメージもあるため、とくに女の子は慎重になりがち。

何かの勧誘や怪しい業者、危ない男にひっかかる危険があるため、信頼を得なければ会ってはくれません。

電話まですれば、業者などではなく一般人であることがわかるので一定の信頼を得られるでしょう。

また自分としても、電話に応じる女の子であれば業者などではないことがわかるため、一般の女の子を見分けるためのポイントになります。

ただし、ネットワークビジネスや何かの勧誘などをしている子の場合、電話にも応じる可能性はあります。
電話に応じたからといって、100%安心とは言い切れないので注意してください。

心理的な距離が縮まる

文字だけのやり取りよりも、実際に声を聴いた方が相手を身近に感じられます。

文章だけではわからない言葉のニュアンスも伝わるので、お互いの人柄がよくわかるでしょう。

たとえば文章だけだと、冷たいイメージに見られることはよくあります。

しかし実際に話すことで、そういったマイナスのイメージを払拭できる可能性もあるのです。

お互いにノリが合えば、その後は簡単に会う約束まで持っていけますよ。

女の子側も、メッセージでは淡泊だけど話すと面白い子がいたりします。

もしメッセージで打ち解けた感じがしないのであれば、思い切って電話をすると一気に仲良くなれる場合もあるので試してもいいでしょう。

ほかの男と差をつけられる

上記のような「心理的な距離感の近さ」「安心感」を与えられるので、メッセージしかしていないほかの男に差をつけられます。

相手も複数人の男とやり取りをしているので、どうやってほかの男より一歩先をいくかが重要です。

電話をしない男性は多いため、電話で話せれば大きくリードできるでしょう。

わいじ

電話が与える効果は大きいので、会える確率は大幅アップ!

出会い系で電話をかけるタイミングはいつ?

電話をかけると決めたものの、いつかければいいかタイミングが難しいところですよね。

出会い系で知り合った関係なので、相手は少なからず警戒しています。

タイミングを間違えて電話をすると、余計に不信感を持たれる可能性もあるので注意が必要です。

ラインを交換して軽くやり取りをしてから

まず電話をするタイミングに関してですが、ラインに移行して少しやり取りをしてからがいいでしょう。

電話をするのは、会うまでに冷めないようにするためのつなぎという側面もあります。

そう考えると、電話をするまでに長い期間を空けるのは得策ではありません

数日程度ラインでやり取りをしたら、電話の打診をしてもいいでしょう。

メッセージの段階で盛り上がってきたら、そのタイミングで打診をするのが1番です。

いつ電話するのがいいという明確な基準はないので、メッセージで打ち解けたタイミングを見極めることおが大切です。

電話する時間帯は夜

なるべく相手の負担にならないように、夜の時間帯に電話をするのがおすすめです。

次の日が休みの週末夜であれば、お互いリラックスして話せます。

また夜に電話するもう1つの理由は、相手の判断力が鈍るからです。

そのため夜に電話して会う約束を持ちかければ、相手は了承する可能性が高まります。

仕事が終わって家に帰っているであろう時間帯、19~23時あたりに電話をするのがいいでしょう。

わいじ

メッセージが盛り上がったタイミングで電話しよう!

電話で話す話題がない!何を話せばいい?

出会い系で知り合った子と電話をするにあたって、1番の懸念点は何を話せばいいかわからない点でしょう。

よっぽどしゃべるのが得意でない限り、会ったこともない人と電話で話すのは難しいものです。

電話をかける前に、ある程度何を話すか決めておくと話しやすいですよ。

共通点を見つける

お互いの共通点があれば、1番話しやすく、盛り上がる可能性があります。

出会い系やマッチングアプリによっては、趣味や生活スタイルなどのコミュニティを登録できるものがあります。

あらかじめプロフィールを確認しておいて、話しやすい共通点がないか探しておきましょう

話しやすい共通点は以下のようなものがあります。

  • 趣味や好きなもの
  • 仕事に関すること
  • 出身地や居住

共通点が見つかると、一気に距離が縮まります。

相手に価値観が近いと思わせれば、安心感を与えられるので会う約束が取り付けやすくなりますよ。

学生時代の話

学生時代は誰もが経験しているので、話題にしやすい共通点です。

どんな学生だったかを聞き出すことで、相手の人物像が見えてくるという探りを入れる目的もあります。

また過去の共通点を話すことで、昔からの知り合いのような感覚を与えられます

心理的な距離感を近づける効果があるので、打ち解けるのに有効です。

学生時代のあるあるエピソードや部活の話などは、話題にしやすく共感も得やすいでしょう。

会うときのことを話す

すでに会う約束をしているのであれば、具体的なことを話していくのもおすすめです。

どんなお店に行くか、何が食べたいか、お酒は飲むかといった話をしながら、会うときのことを詰めていくのもいいでしょう。

具体的なところを決めていけば、ドタキャン率が下がるので会える確率は上がります

普段どんなお店に行くか、どのあたりに遊びに行くかなどは、話しやすい無難なネタと言えますね。

わいじ

気まずい雰囲気にならないよう話すことを考えておきましょう

出会い系で電話をする際のコツとは

出会い系で電話をすると効果的であることを説明してきましたが、あくまで上手くいった場合です。

電話をしたせいで、むしろマイナスイメージを持たれてしまう場合もあるでしょう。

逆に好印象を与えられれば、簡単に会う約束を取り付けられますよ。

話す時間を決めて電話に誘う

電話に誘うときは、「〇分だけ話そう」と時間の制限を付けて誘うと成功しやすいです。

電話は何分で終わるかわからないというデメリットがあります。

女の子

もしかしたら1時間以上話す可能性もあるかな?

このように相手が考えていたら、気軽に応じてもらえません。

そのため最初から短めに時間を指定しておけば、安心感を与えられます。

わいじ

5分だけ電話しよ!

女の子

5分くらいならいいか

実際には、話が盛り上がったら時間以上話してもかまいません。

ただし少し早めに切り上げると、「話したりない」「もっとしゃべりたい」と思わせられるので、会う約束が取り付けやすくなります。

盛り上がってきたところで、あえて電話を終わらせるのも1つのテクニックです。

ゆっくり落ち着いたトーンで話す

電話をするときは、いつもよりゆっくりと落ち着いた喋りを心がけましょう。

ゆっくりしゃべることで、「落ち着いた態度」や「堂々とした雰囲気」を感じさせることができます。

このように、どっしりと構えたような落ち着いた様子は、モテるために大事な要素です。

電話だけでなく、実際に会ったときも同じことが言えます。

落ち着いた雰囲気をだすことで、強い男であると本能的に感じさせることがモテにつながるのです。

女の子と話すときテンパってしまう方は、練習だと思って電話でゆっくりしゃべるようにしてみましょう。

わいじ

電話で悪印象を持たれないよう気をつけてください

出会い系で電話をする際のNGな誘い方

出会い系で知り合った子とライン交換できたにもかかわらず、誘い方を失敗すると一気に悪い印象を持たれる可能性があります。

誘い方をミスしてマイナスイメージを持たれるのは非常にもったいないです。

ここで紹介する誘い方はしないように気をつけてください。

いきなり電話をする

突然電話するのは、当然ながらNGです。

電話をする際は、必ずいつするかを話し合って決めてください。

急に電話をすると、相手を困らせてしまいます。

女の子

急に電話されても困る…

突然かけてきてキモッ

ラインを交換すれば電話もできますが、ライン交換=電話もOKではありません

あくまで出会い系サイト上のメッセージの延長で、ラインのやり取りもOKしているだけだと思ってください。

間違い電話を装ってかける

間違いを装ってかけるのは、姑息な手段を使っていると思われるのでやめましょう。

ラインで間違いを装ってメッセージを送るのと同じ手法ですが、これも同じくアウト。

相手からしたら、そこからメッセージ・電話につなげようとしているのがわかるのでキモいと思われます。

もし思われなかったとしたら、単純に迷惑で終わります。

どちらにせよプラスの効果は薄いので、こういった姑息な手段を使うのはやめましょう。

わいじ

ストレートに誘うのが1番!

出会い系で電話をする際の注意点

出会い系で会ったことがない子と電話をする場合、悪い印象を持たれて会えなくなるのが最悪のパターンです。

そのため、電話する前よりマイナスイメージを持たれるのだけは避けなければいけません。

なるべく好印象で終われるように心がけてください。

長時間しゃべりすぎない

長時間しゃべりすぎるデメリットはいくつかあります。

  • ボロが出るかもしれない
  • 会ったときにしゃべることがなくなる
  • 長時間の電話は疲れる

上記のようなことから、長時間の電話は避けるべきです。

最初にも書きましたが、電話を掛ける時間は夜がベスト。1日終わって疲れているのに、長電話でさらに負担をかけるのは良くありません。

短めの時間で盛り上がって、楽しく終わるのが理想です。

そうすれば、また話したいと相手に思わせられるでしょう。

また無理に長電話しようとすると、話題がなくなったり途中で気まずい空気が生まれたりと、ボロが出る可能性があります。

よっぽどトーク力がない限り、会ったことない相手との長電話でいい雰囲気を維持するのは難しいと心得てください。

電話したくない子もいる

そもそも会ったことがない人と、電話をするのが苦手という子もいます。

そのため、無理に電話に誘うのはマイナスイメージです。

冒頭でも書いたように、出会い系において電話をするのは必須ではありません。

あくまで電話は、出会いの確立を上げるための1つの手段です。電話したくない子にまでする必要はまったくありません。

誘ってみて断られたらすぐに引きましょう。

わいじ

しゃべるのが苦手ならボロを出さないように注意!

まとめ

出会い系で電話をするのは、出会いの確立を上げるのに有効です。

メッセージだけのやり取りよりも、直接話した方が一気に距離感が近づきますよ。

上手くいけばすぐに会う約束も取り付けられるでしょう。

しかしその反面、しゃべるのが苦手な人はボロが出やすいので気をつけてください。

ボロが出ないようになるべく短時間で終わらせて、相手に「もっとしゃべりたい」とお思わせるのがポイントです。

必須ではありませんが、できれば電話で話しておくのをおすすめします。

わいじ

電話はあくまで1つの手段
ただし効果の効果は高いのでしておきたいところです

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

27歳/男/会社員
元ぽっちゃり非モテ男だった私が、ダイエット筋トレファッションなど、自分磨きをすることで女の子に困らなくなったノウハウを発信していきます!
マッチングアプリや出会い系での出会い体験談、ダイエットや筋トレについて、対女性術など恋愛初心者が女の子をゲットできるようになるための非モテ脱出ブログです。
note

コメント

コメントする

目次
閉じる