【脱非モテ】出会い系のメッセージ攻略!7つのポイントを紹介

出会い系でメッセージをするとき、どんな会話をしたらいいかわからない方も多いと思います。話をしていても上手く盛り上がらなかったり、途中で途切れて返信が来なくなるというのは、出会い系をやっていれば誰もが経験しますよね。

会ったこともない相手と、メッセージだけで打ち解けるのは難しいですが、会う約束をしないとその先はありません。そこで今回は、出会い系での会話や、話すときのコツをご紹介します。

話す内容は毎回同じような感じなので、慣れてしまえば簡単ですよ。相手と打ち解けるためための7つのポイントも、記事の真ん中あたりで紹介しています。

わいじのアイコン画像わいじ

自分なりのパターンを見つけよう!

まだメッセージを送る女の子を決めてない方はこちら↓

目次

出会い系で最初に送るべきメッセージとは

massage3

出会い系で最初に送るメッセージは重要です。相手はプロフィールと最初のメッセージを見て、返信するか判断するわけですから、ここで第一印象が悪いと返信はきません。大事なのは礼儀と、返信しやすい内容かどうかです。

  • あいさつ
  • 自己紹介
  • なぜ出会い系をやっているか
  • 相手のプロフィール内容に触れる
  • 1つ質問

上記の内容を丁寧に、かつ堅苦しくなりすぎないように送ります。実際のところ返信が来るかどうかは、メッセージの内容よりもプロフィールで決まります。

プロフィールをしっかり作り込めば、上記のような当たり障りのないメッセージでも返信は来ます。

あいさつ

まず最初に一言「はじめまして!」「こんにちは!」など、軽く挨拶を入れましょう。挨拶がないと常識のない人間だと思われます。たった一言ですが、あるのとないので印象が変わってくるので、必ず挨拶はしましょう。

ペアーズなどのマッチングアプリの場合は「マッチングありがとうございます!」や「いいねありがとうございます」とのようにお礼をしましょう。

自己紹介

自己紹介は名前・年齢・仕事・どの辺に住んでいるか・良くいく場所、このあたりを書きます。仕事や住んでいる場所は、ざっくりとした業種やエリアで大丈夫です。

これらを書いておかないと、相手に自分のプロフィールを見にきてもらいにくくなります。全部でなくてもいいですが、なるべく書いておきましょう。

なぜ出会い系をやっているか

出会い系をやっている目的を、重くならないように書きます。「飲み友達探してます!」「休みの日にご飯とか行ける人」こんな感じで、軽く友達探してます、というニュアンスで書きましょう。

あらかじめ書いておけば、誘うときに軽い感じで誘いやすくなります。

相手のプロフィール内容に触れる

相手がプロフィールに書いている、趣味・仕事・休みの過ごし方など、どれかに触れてみましょう。こうすることでテンプレートではなく、ちゃんとプロフィールを見てメッセージを送っていると伝わります。ここから質問するきっかけにもなりますね。

1つ質問

1つ質問を入れることで、相手が返信しやすくなります。プロフィールに書いてある趣味などから質問するのがいいでしょう。答えやすい質問をするのがポイントです。YES・NOで答えられる質問や、パッと答えが出せる質問にしましょう。

例文

では上記をふまえて、例文を書いてみます。

はじめまして!
大阪のミナミのほうに住んでいる、○○といいます。
30歳で不動産関係の仕事をしています。

ご飯や飲みに行ける友達欲しくて始めてみました。

○○さんは映画がお好きなんですね!最近何か観ましたか?
僕は最近○○を観てめっちゃ泣きました笑

良かったら仲良くしましょう!

出会い系の場合は、これ以上長い文章だと重い感じになるので、これぐらいかもっと短くてもいいです。マッチングアプリの場合は、この文量でちょうどいいぐらいです。

大前提として、プロフィールがをしっかり作っておく必要があります。メッセージを送る前に、自分のプロフィールはちゃんと書き込んで、写真も準備してくださいね。

  • 常識がないと思われないようにする
  • 堅苦しい文章にしない
  • 返信しやすくする
  • テンプレっぽくならないようにする
わいじのアイコン画像わいじ

これで返信がない場合は、プロフィールを見直してみよう

送ったら無視される!出会い系でのNGな初メッセージ!

massage5

次に最初のメッセージで送るべきではない内容を紹介します。まず前提として、女の子は大量に男からメッセージがきています。ログインしただけで何十通もくるので、変なメッセージを送ったら返信は返ってきません。

下記のようなことを送らないように注意してください。

  • テンプレの文章
  • ため口、常識のない内容
  • 下ネタ
  • 重い内容

テンプレの文章

テンプレの文章を送られたら、だれだっていい気はしないですよね。自分のプロフィールも見ずに、大量の子に同じメッセージを送ってるんじゃないか?と思われます。女の子のプロフィールに書いてある内容を、メッセージに入れましょう。

ため口、常識のない内容

挨拶や敬語を使うのは常識なので、出会い系だからといって、ないがしろにしてはいけません。まともな子なら、常識のない文章を書いていたら避けられます。

1つやり方として、わざとため口でいってスクリーニングをかける方法もあります。

返信が返ってくるノリのいい子、バカっぽい子の方がヤレるからですね。ただ初心者のうちはやめましょう。

下ネタ

出会い系の場合、1通目に下ネタ・下品な内容を送る男がたくさんいますが、当然NGです。出会い系にはセフレを探している子や、遊びでやっている子もたくさんいますが、そういう子でもいきなり下ネタのメッセージには返信しません。

エロ目的で使っている子であっても、いきなり「セフレ探してるんですか~?」なんてメッセージを送ってはいけませんよ。これで返事が来るのは、業者か援、割り切りの女の子だけです。

重い内容

出会い系の場合は特に、軽く遊びでやっている子が多いので、真面目過ぎる内容は避けましょう。結婚や将来の事をほのめかす内容、仕事についての真面目過ぎる内容は、めんどくさいのでやめましょう。

  • テンプレではなく、相手のプロフを見てメッセージを送る
  • 敬語で常識のあるメッセージ
  • 下ネタは絶対NG
  • 重すぎず、軽すぎないよう気をつける
わいじのアイコン画像わいじ

リアルで人と接するときと同じように、常識的な振る舞いをしよう

出会い系で2通目以降に送るメッセージ内容

massage4

最初のメッセージに返信がきたなら、あなたのプロフィールは最低でも女の子の足切りラインは超えていたということ。なのでここからのメッセージのやり取りで、会うところまで持っていけるかが決まります。

上で書いた最初のメッセージでのNG項目もふまえつつ、2通目以降もやり取りをしていきましょう。

  • 趣味の話
  • 食べ物の話
  • 仕事の話
  • 相手がしたい話

趣味の話

趣味の話はプロフィールに書いてある場合も多いので、1番とっつきやすく無難です。インドアな趣味かアウトドアな趣味かなど、相手がどんな人物でどんなものが好きか探っていきましょう。

映画や旅行など嫌いな人があまりいないものを、話すきっかけとして使ってもいいですね。

食べ物の話

食べ物の話は、どこかで必ずしておきましょう。なぜならその流れでご飯に誘えるからです。美味しいものを食べるのが嫌いな人は、ほとんどいませんよね。

好きな食べ物の話やどんなお店によく行くか、最近行った美味しいお店の話などをして「じゃあ今度一緒に行こう!」と誘う流れに持っていきましょう。

仕事の話

仕事の話も最初のとっかかりとして入りやすいですね。ただ真面目な話になりすぎないように注意です。

相手から愚痴などが出てくれば、相槌を打って聞いてあげましょう。真面目に問題解決しようとする必要はりません。

相手がしたい話

究極はこれ。人間は人の話を聞くよりも、自分で話す方が気持ちよくなれるので、相手が話したい事を気持ちよく話させるのが1番です。

ただメッセージ上の文字のやり取りでは難しいですね。プロフィールに書いてあることや、写真に写っているものなどから拾って反していきましょう。

上でも書いたように、女の子は大量にアプローチが来るので、いくらでも選べる立場です。やり取りの最中に気まぐれで返さなくなることもザラにあるので、返信が来なくなっても、あまり気にしないようにしましょう。

わいじのアイコン画像わいじ

最初は話の入り口として、この辺から話していきましょう

出会い系でのメッセージ7つのコツ

massage7

ここからは話の中で使えるコツや、ちょっとしたテクニックを紹介します。単純なものですが、人の心理や習性に基づいたテクニックです。

積み重ねていけば、相手にいい印象を与えられます。メッセージだけでなく、実際に会って話すときにも効果的なので、覚えておきましょう。

  • 運営がしっかりしている
  • ユーザー数が多い
  • 自分の目的にあったサイト
  • 自分のタイプの相手がいる

名前を呼ぶ「カクテルパーティー効果」

初めて会って名前を呼ぶのって、少し気恥しかったりしますよね。名前で呼び合うのを当たり前にしておけば、会った時も呼びやすいです。また出会い系は複数人同時でやり取りするので、会って話している時に名前を忘れる可能性があります。

それ以外にも、名前を呼ぶのには「カクテルパーティー効果」があります。ザックリ言うと「騒がしいところでも、自分の聞きたいことは聞き取れる」というもの。

例えば学生の時、ザワザワした教室で自分の名前が聞こえたら「ん?」と気になりますよね。

相手の名前を呼ぶと意識がこっちに向くので、話が相手に伝わりやすいのです。文章よりも実際の会話のほうが効果的なので、名前は呼ぶようにしましょう。

自分から情報開示をする

相手から何か聞きたいときは、まず自分から話しましょう。出会い系なので、少なからず警戒心を持っている子も多く、自分の話をするのに抵抗もあるでしょう。

こちらから話して警戒心を解き、相手にも「話さなきゃ」という心理を待たせられます。

例えば「僕は○○に住んでるんですけど、××さんはどのあたりですか?」など。プライベートな内容や突っ込んだ話をするときに効果的です。

ポジティブな話題

ネガティブな話をされると、気分が下がりますよね。つまらない人間だと思われるので、ポジティブな話をしましょう。ポジティブで明るいイメージを持たせた方が、会える確率は上がります。

なるべく相手の言ったことも肯定しましょう。

言葉を「マッチング」させる

「マッチング」とは、相手と同じ言葉を使うことで、自分と近い人間だと思わせる方法です。例えば相手が「マック」を「マクド」と言ったり「リビング」を「居間」と呼んでいたら、合わせて「マクド」「居間」と呼んだ方が良いでしょう。

また同じ理由で、相手の文章量や返信ペースなどに合わせれば、より効果的です。

褒める

褒められるのが嫌いな人はいないので、良いところを見つけたらどんどん褒めていきましょう。気恥しかったり、持ち上げてるように見えるからと褒めない人も多いですが、サラッと軽い感じで言えば大丈夫です。

1つポイントとして、その人自身よりも、その人のセンスや努力の部分を褒めると効果的です。単純に「可愛いね」だと、言われ慣れている子には響きません。アクセサリーなどを見て「センスいいね」と言った方が、喜ばれます。

共感する

女の子の話は共感して相槌を打ちましょう。男は会話をするとき「結論」を求めるので、論理的な話をする傾向があります。しかし女は「共感」を求めるので「そうだねー」「わかるー」と合わせたほうが、気持ちよくしゃべれます。

よく愚痴を聞いてほしいだけで解決策は求めていない、なんて話がありますが、まさにこれです。男と女では会話する目的が違うんですね。

ボケる

ボケて面白い人を演じるのが、1番早く打ち解けられます。実際のところ出会い系でセックスするだけなら、真面目な話なんかする必要はありません。ウケをとって堅苦しい感じがなくなれば、すぐに会えるようになります。

ただ下手にいじったりすると、相手を不快にさせてしまうかもしれないので、女性経験が浅いうちは無理にする必要はないでしょう。文面だと誤解を生むこともあるので、気をつけてください。

  • 相手に、自分と近い人間だと思わせる
  • 聞きたい事は、自分から話す
  • 女の子の話には、共感する
  • 笑わせて打ち解ける
わいじのアイコン画像わいじ

実際に会った時にも使ってみよう

出会い系でのNGなメッセージ

massage6

次に男が良くやりがちな、NG例を紹介します。メッセージをするときは、返信しやすいか、不快な思いをさせないか、を考えて送りましょう。めんどくさい男は切られますよ。

  • 質問責め
  • すぐ会いたがる
  • 自慢話
  • 催促のメッセージ

質問責め

これはやり取りを始めたばかりのころに、意図せずやってしまいがちなので注意してください。例えばこんな感じです。

男:なんの仕事されてるんですか?
女:OLやってます!食品関係の会社です。
男:そうなんですね!休みの日は何してるんですか?
女:映画とか観に行きます。先週○○観ました!
男:映画いいですよね。ご飯はどういうお店によく行くんですか?

こんな感じで尋問のような質問責めをする人は、意外とたくさんいます。しかもこの会話のように、前後の話の脈絡がない聞き方は、コミュ障でつまらない人間に見えるので気をつけてください。

すぐ会いたがる

すぐに会おうとするのは、セックス目的だと思われます。たとえセフレを探している女の子でも、すぐに会おうといっても断ってきます。

出会い系には危ない人もいるので、女の子は警戒しています。それなりにやり取りをして、自分がまともで常識的な人間であるとわかってもらえないと会えません。

自慢話

人の自慢話ほど、つまらないものはないですよね。たとえどんなにすごい経歴があろうと、自慢げに話すのはNGです。

付き合ったり結婚するわけではないので、女の子からしたら、男がどんな経歴・武勇伝を持っていようが、そんなことはどうでもいいことです。

自分からしゃべるのではなく、女の子からすごいと思われるような行動・言動をとりましょう。

催促のメッセージ

なかなか返事が返ってこなくても、催促の追撃メッセージを送ってはいけません。めんどくさい男認定されたり、私しか相手がいないのか、と思われます。

帰ってこない場合は、しょせんその程度だったと思って別の子に行きましょう。

相手にとって不快なこと、つまらないこと、面倒なことをしていないか、メッセージを送る前に考えましょう。

わいじのアイコン画像わいじ

1度つまらない男認定されたら、挽回は難しいぞ

出会い系のメッセージはゴールを明確にする

メッセージを始めるにあたって、まずはゴールを明確にしましょう。女の子と出会うためにメッセージを始めるわけですから、ここでの目的はデートに誘うことですよね?なのでそこに向かって、会話を進めていく必要があります。

そうしないと、出会い系はメッセージにお金がかかるので、どんどん無駄な出費が増えていきます。ゴールから逆算して、話を進めていきましょう。

ご飯・飲みに誘うのを目指す

基本的には飲み、もしくはご飯に誘う方向でいきます。どうやって誘えばいいかわからない、という方もいるかもしれませんが、単純にご飯の話をして誘えばOK。

やり取りが始まったらご飯・お酒の話になるように誘導していって、盛り上がったタイミングで「じゃあよかったら今度一緒に行きましょう!」と誘えば大丈夫です。

挨拶→仕事・趣味の話→飲食系の話(カフェ巡りとか)
→ご飯・お酒の話→誘う

10通以内にライン交換!

出会い系はお金がかかるので、いつまでもサイト内でメッセージを続けるわけにはいきません。タイミングをみてラインを交換しましょう。

月額制のマッチングアプリであっても、ほかの男と差別化するために、ラインは交換しましょう。

ラインを交換するのは、やり取りが始まって10通以内が目安です。それまでに誘える流れができなければ、時間とお金の無駄なので、切って違う子にアプローチしましょう。

ライン交換を打診するタイミングは、ご飯に誘った時です。

男:「よかったら今度一緒に○○食べに行きましょう!」
女:「行きたいです!ぜひお願いします(^^)」
男:「じゃあラインの方が連絡しやすいのでラインしませんか?」

こんな感じでOKです。
・ご飯に行く
・ラインの方が連絡しやすい
こういった言い訳を作ってあげるのがポイントです。

ラインを交換したら、後は会う日程だけ決めればOKです。

まとめ

メッセージでの会話は、10通以内に誘うのが原則と考えて、いかに早く「ライン交換してもいいかな」ぐらいに思われるかが重要です。

長々と書いてきましたが、基本的に毎回流れは同じなので、慣れてしまえば簡単にできるようになります。

出会い系のメッセージで「どんな会話をすればいいかわからない」「どうやって誘えばいいかわからない」方は、ぜひ参考にしてみてください。

  • 常識的なメッセージ
  • 返しやすい内容
  • 相手に不快な思いをさせない
  • ゴールから逆算する
  • 10通以内に誘ってライン交換
わいじのアイコン画像わいじ

大変そうだけど、ここまで来ればもう会えるぞ!


出会い系でデートに行ったら、最後はホテルに誘いましょう↓

管理人おすすめの安全・優良出会い系サイトはこちら↓

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

27歳/男/会社員
元ぽっちゃり非モテ男だった私が、ダイエット筋トレファッションなど、自分磨きをすることで女の子に困らなくなったノウハウを発信していきます!
マッチングアプリや出会い系での出会い体験談、ダイエットや筋トレについて、対女性術など恋愛初心者が女の子をゲットできるようになるための非モテ脱出ブログです。
note

コメント

コメントする

目次
閉じる